認知症予防のポイントを知る

~介護の現場に欠かせない認知症予防のノウハウとは~

認知症を予防には、孤立状態の解消がポイント!

 介護の仕事に携わっていれば、認知症に強い関心を持つようになる。介護の仕事では、高齢者のケアを行う場合が多いため、介護職には高齢者の認知症予防の役割が期待されている。この病気にかかる要因の一つとして、孤立が挙げられる。人との関わり合いを絶ち、接触を避けるようになると、罹患する可能性が高くなる。一人暮らしの高齢者は特に気を付けなければならないが、例え一人暮らしでなくとも孤立を感じている高齢者は少なくない。

 例えば、介護施設に入居している高齢者の中にも、大勢の中で孤立している人はいるものだ。そこで、介護の仕事に従事する人は、要介護の高齢者が孤立しないような心掛けることが欠かせない。要介護者の中には、人と接する事が苦手という人も多い。しかし、介護スタッフが積極的に話しかけて、交流ができる人間関係を構築することが望まれる。初めはお互いに壁を感じていても、話しかけ続けることで心が通じ合う可能性は十分に考えられはずだ。

 介護スタッフの取り組み次第では、孤独を感じ認知症に陥りやすい高齢者も、病気を予防できる可能性は高くなるだろう。介護の仕事は、施設内の要介護者に目を配り、孤立状態になってないかを確認する事が欠かせない。また、スタッフ一人では全ての要介護者をカバーするのは難しいため、スタッフ同士の連携が必要になる。皆で要介護者に関する情報を共有し、孤立状態にある人がいれば対策を練ることが、認知症予防のポイントになるだろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です